不動産という資産|利回りを定めて物件価格を算出|投資マンションを購入して資産を形成

利回りを定めて物件価格を算出|投資マンションを購入して資産を形成

男の人

不動産という資産

マンション

資産運用をするのであれば、どこかのタイミングで不動産を保有しましょう。不動産を保有するのであれば中古ワンルームマンションや1棟アパートのような収益物件でも、マンションや戸建てなどのマイホームでも構いません。とにかくこれからの状況を考えると不動産という形で資産を持っておくことがプラスに働きます。マイホームは自分が住む場所であるから資産と考えないという人も少なからずいますが、これは大きな間違いです。マイホームは自らが住みながらにして将来の資産価値の上昇を期待できる立派な資産なのです。海外では、マイホームの資産価値が上昇してきた段階で売却して、別の家に引っ越すということが当たり前のように行われています。

保有する資産の中に不動産を組み入れる理由はいくつもありますが、最も大きな理由が信用力が付くということです。銀行などの金融機関は担保となるものを持っていると比較的容易にお金を貸してくれます。投資をするにしても事業をするにしても不動産を保有していれば当面の資金に困ることはないのです。また、もしも自ら事業を手掛けようとするとき、材料などを購入するために新たに口座を開いてもらおうとする取引先に対しても不動産があることは安心感を与えます。株式や外貨などでは担保に取ることが困難であるため、不動産を保有している場合のように簡単に物事が進みません。早いうちに不動産を保有しておけば、将来の選択肢が大きく広がります。